本文へ移動

MRニュース

MRニュース vol.007 会社や組織は何のためにあるのか
2011-04-13
□╋■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
╋□┛ ミカワリコピーニュース 2011年4月13日発行 第7号
■┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

もうすっかり春爛漫、ですね。
当社の構内にある、遅咲きの八重桜もようやくほぼ満開となり
柔らかな日差しの中で、ゆったりと咲いています。

ミカワリコピー販売のメールマガジン【MRニュース】です。
日頃は当社をご利用いただき、まことにありがとうございます。

新入社員が配属されたり、異動があったりで
その当事者ではなくとも、何か新しいことが始まるような気がする季節ですね。
新年度がスタートし、お忙しいことと思いますが少しだけお付き合いください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 目次 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.大下智のビジネスコラム―素描―
   第4回・会社や組織は何のためにあるのか
2.編集後記・次回予告

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 1.素描―大下智のビジネスコラム 第4回 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【第4回・会社や組織は何のためにあるのか】


先の東北地方太平洋沖地震から一ヶ月が経過致しましたが、
あらためて被災された皆々様に、心よりお見舞いを申し上げると共に、
一日も早い復興をお祈り申し上げます。

注目の東京都知事選が終わりました。
結果は、ご承知の通り、四選を目指した石原氏が、
前宮崎県知事の東国原氏と居酒屋チェーン創業者の渡邉美樹氏を抑え、
夜八時の開票即票放送が始まった瞬間に当確を決めるという圧勝でありました。
大震災直後の選挙戦だっただけに、三期実績の安定感と強いリーダーシップを
有権者が望んだ結果だと思います。

個人的には、政治家としての経験はありませんが、
後出しじゃんけんが圧倒的に有利なデータがある中で、
それは有権者に対して大変失礼だとの信念で早くから立候補表明していた
ワタミグループの元会長、渡邉美樹氏に密かにエールを送っておりました。

実は、雑誌、テレビなどのメディアを通じての知識しかなかった私が、
数カ月前、その渡邉氏の講演を聴く機会に恵まれまして、
氏の生き方、考え方、経営姿勢などに深く共鳴し感動したのです。
多くの国民が政治不信に陥っている昨今、
政治家としては素人ではありますけれども、私利私欲を捨て、
東京都知事としてのあるべき姿を追い求め続けられるに違いない、
本来求められる政治家像を創り上げてくれるに違いないとさえ期待をしていたのです。

創業1984年、社歴が僅かに27年に過ぎない居酒屋チェーンワタミを核とする
ワタミグループ(他に、介護、農業、環境事業)が急成長しておりますが、
その急成長のカギは、創業者・渡邉美樹氏の
近年稀にみる卓越した経営手腕にあると言ってしまえばそれまでですが、
見逃せないのは、ユニークでもあり大変分かりやすい経営理念です。

ワタミグループの経営理念体系より抜粋してみると?

・ワタミグループスローガン
   「地球上で一番たくさんの“ありがとう”を集めるグループになろう」
・私たちの目指すもの
   「会社の繁栄、社員の幸福、関連会社・取引業者の繁栄、新しき文化の創造、
人類社会の発展、人類幸福への貢献」
・グループ社員の仕事のしかたに対する合言葉
   「明るくのびのびと仕事をしよう」

以下、グループ社員の仕事に対する心構え、グループ社員としての行動基準と続きます。

世の中に、この経営理念というものを持っている企業がどれくらいあるでしょうか?

会社の売上規模と理念のあるなしを分類しますと

売上 ~2.5億円=理念がある 47%
         ~10億円=  〃    57%
          ~30億円=  〃    70%
          30億円~=  〃    76%

売上高と理念のある比率は正比例にあります。
利益と理念の関係も同じで、つまり、理念と業績は正比例すると言えるようです。

因みに、かつて世間をお騒がせした旧ライブドアには
明確な経営理念らしきものは見当たりません。
事業は金もうけのためと言い放ったホリエモンを引き合いに出すまでもなく、
共鳴、共感できる経営理念、ステークホルダーに支持される経営理念が
如何に重要であるかが理解できます。

実は、最近あらためて目を通したランチェスター戦略のある解説書の中で、
理念の重要性について
「今、世の中で勝ち組と称される企業は、
しっかりとしたミッションやビジョンを掲げ、それが社内外に浸透している」
とありました。
経営理念は長期的、普遍的なものではありますが、
世の中の環境の変化、価値観の変化などで、稀には形骸化しているものもあります。
いずれにせよ、社員が理解し、共鳴するものでなければなりません。

景気回復が大手企業を中心に確かなものになり、続いて私たち中小企業においても、
いよいよ回復に向かって走り出して行くかという矢先、
1000年に一度という想像すら出来ないような
東北地方太平洋沖地震による大惨事に見舞われました。
当地域にありましても、多かれ少なかれの影響は免れず、弊社もそうですが、
一層の経営改革、経営改善を急がねばならない企業も
少なくないのではないでしょうか?
そのスタートにあたって、一番先に再確認、再認識すると同時に
社内外に浸透させなければならないのが、経営理念であります。



             (第5回は「あの壁の向こう側に新しい自分がいる」の予定です)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 2. 編集後記・次回予告 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最後までお読み頂きありがとうございました。

弊社顧問・大下智のコラムはいかがでしたか?
経営理念が企業にとって大切な核であるように、
個人にとっての経営理念に相当する「芯」のようなものを持っている人は、
揺らがずまっすぐ強い生き方が出来るのだろうなあ、と思います。
私にとっての理念って、何だろう?と考えてみたいと思います。

これまで発行した当メールマガジンのバックナンバーが
弊社サイトから一部ご覧頂けるようになりました。
連載コラムの過去分も読めるようになっております。
アクセスお待ちしています。
  ▼ バックナンバーはこちらから
  http://bit.ly/eJwR35

次回のコラムにもご期待下さい。 

それから、本日より当MRニュース編集室もブログを始めました。
まず、当社の八重桜の写真をアップしてみました。
これからは編集室内持ち回りで、我々の素の部分などを
のんびり綴っていきたいと思っています。
もしよろしかったらこちらもご高覧ください。
  ▼ 『MRニュース編集室だより』はこちらから
  http://bit.ly/fkKlWp


さて、これまでもずっとCO2削減や温暖化防止策として
「節電」は叫ばれていたことですが
東日本大震災によって、さらにその必要性が
日本中に強く再認識されています。

今回は身近な小さな節電についてのヒントを一つ。
仕事やプライベートで殆ど毎日使うパソコンにまつわる節電です。
・使わない時は必ず電源をオフにしましょう。
・長時間使わない場合はプラグをコンセントから抜きましょう。
・『コントロールパネル』の中にある『電源オプション』をクリックして
  プロパティの『電源設定』を見直してみましょう。
  例えば、設定を「モニター電源をオフ」から「システムスタンバイ」に
  変更しただけでも消費電力を抑制できます。お試しください。


次回vol.8は4月27日頃にお送りする予定です。
 
---------------------------------------------------------

ご登録アドレスの変更、メルマガの配信解除のお手続きは
下記アドレスのページからお願い致します。
http://bit.ly/fsmC6o  

---------------------------------------------------------

[ご意見・ご要望・お問合わせ先]
mikawa@mrnet.co.jp (MRニュース編集室)までどうぞ
ミカワリコピー販売株式会社
〒441-3147
愛知県豊橋市大岩町沢渡92-2
TEL:0532-43-6696
FAX:0532-43-6262

■営業時間
8:45~17:30
■修理受付
TEL:0120-43-6263
平日 9:00~17:30
土曜 9:00~17:00
■休業日
土曜日・日曜日・祝日
TOPへ戻る