本文へ移動

MRニュース

MRニュース vol.005 本質を見きわめるWHATの考え方
2011-03-09
□╋■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
╋□┛ ミカワリコピーニュース 2011年3月9日発行 第5号
■┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ミカワリコピー販売のメールマガジン【MRニュース】です。
日頃は当社をご利用いただき、まことにありがとうございます。
ひと雨ごとに温かさが増し、木々の蕾も膨らみ始めてきましたね。
日によって寒暖の差が大きく体調管理に気を使うこの季節。
体調には十分気を付けて『春』の到来を楽しめたらいいですね。
年度末でお忙しいことと思いますが少しだけお付き合いください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 目次 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.大下智のビジネスコラム―素描―
  【第3回・本質を見きわめるWHATの考え方】
2.編集後記・次回予告

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 1.素描―大下智のビジネスコラム 第3回 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【第3回・本質を見きわめるWHATの考え方】


私は現役時代、最も尊敬する浜田広氏(元リコー社長、会長、元経団連副会長)
に薫陶を受けました。といっても残念ながら直属の上司ではありませんでした。
私が岐阜リコー社長を務めていた頃、浜田さんはリコー社長で全国販社社長会など、
積極的に現場に出向かれる方でしたので、直接お話しをお聞きしたり、遠慮も顧みず
教えを乞う機会にかなり恵まれたと思っております。
まだまだとても足元にも及ばないものの、物の考え方に関しての影響は非常に
大きかったと思います。

浜田さんは言葉を非常に大事にされる方で、役員の多くは浜田さんの前で話をするのに
相当気を使っていたようです。
普段の会話の中でさえ、
「ああ疲れた」なんて言葉を発したら叱られます。
「疲れた」と言うから疲れるそうで、自身「疲れた」を口に出さなくなって四十年くらい
経つけれども、疲れた記憶がないとさえ言われます。

「忙しい」も禁句としておられましたが、「忙しい」は、
「今忙しいから話しかけないで」とか、
「電話かけて来ないで」というように、相手を拒絶する言葉だと言われるのです。

「暑い」「寒い」に至っては
「ちっぽけな人間風情が、大自然を拒否してどうなるの?」
と言われるのです。真夏に同行させて頂いた折、
「浜田さん、今日のような大変に暖かい日はどのように表現すれば良いのでしょうか?」
と訊いたものです。浜田さんは、少し間をおいて
「う?ん、そうだねえ、今日はなかなかのもんだねえ、はどうだい?」
とおっしゃいました。

浜田さんから教わった名言、至言は数えきれませんが、
それらを総括する考え方に、「WHAT」の考え方があります。

決して「HOW」を否定するものではないけれども、
先ず「WHAT」、常に「何」から入って考える習慣を身に付けることが大切で、
5W1Hというのがあるけれども、重要度の順序は2W、1H、3Wではないか?
「WHY」というのは「What is the reason why・・・?」だから
「WHAT」であって、
その次が「HOW」
その後に「WHEN」「WHERE」「WHO」が来る。
これら3つは方法論のレベルに過ぎないというのが、
浜田さんの「WHAT理論」です。

他にも、若い頃から仕事というのは「納得」しなければ、
「やらなくても良い」と言っておられたそうです。
また上司と部下の関係については、
「上司とは部下にお役立ちをする人」も信念の一つでした。

このことに関して私自身の考え方が正しいかどうか訊ねたことがあります。
「上司は部下を引き上げる、部下は上司を押し上げる」
はどうでしょうか?です。
世間には上司が部下を踏み台にし、部下は上司の足を引っ張る
というようなことが無きにしも非ずだからです。
恐れ多くも言葉を非常に大切にされる方です。
少なからずの不安がありましたが、その浜田さん、にっこり笑って
「うん、それ、なかなか良いじゃないか」です。
ちょっと褒められたようで凄く嬉しく思ったものです。

仕事のみならず、プライベートにおいてもしかりですが、
たえず問題意識を持ち、「人生とは何か」「仕事とは何か」「家庭とは何か」
というふうに考えて行きますと本質を掴むことができ、正しい判断、正しい行動へ
とつながって行くように思えるのです。

              (第4回は「会社や組織は何のためにあるのか」の予定です)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 2. 編集後記・次回予告 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最後までお読み頂きありがとうございました。

弊社・大下顧問のコラムはいかがでしたか?
「人生とは何か?」「仕事とは何か?」「家庭とは何か?」改めて自分で問いかけて
みましたが、なかなか難しい問いかけですね。みなさんはいかがでしたか?
次回はvol.7に大下智の ―素描― を掲載予定です。ご期待下さい。

さて、先日の休みに豊橋市の梅林公園へ行ってきました。
もう梅の花は元気いっぱいに咲き誇っていてすごく素敵でした!
梅をじっくり眺めている人、ほのかに香る梅の香りに酔っている人、
ファインダー越しに梅を撮っている人、花より団子を楽しんでいる人など、
それぞれの楽しみ方をしている人達で賑わっていました。
きっと春を探しに出かけたくなる季節なのでしょうね。

次回vol.6は3月23日頃にお送りする予定です。
 
---------------------------------------------------------

ご登録アドレスの変更、メルマガの配信解除のお手続きは
下記アドレスのページからお願い致します。
/mailmagazine.html

---------------------------------------------------------

[ご意見・ご要望・お問合わせ先]
mikawa@mrnet.co.jp (MRニュース編集室)までどうぞ
ミカワリコピー販売株式会社
〒441-3147
愛知県豊橋市大岩町沢渡92-2
TEL:0532-43-6696
FAX:0532-43-6262

■営業時間
8:45~17:30
■修理受付
TEL:0120-43-6263
平日 9:00~17:30
土曜 9:00~17:00
■休業日
土曜日・日曜日・祝日
TOPへ戻る